ぽっちのブログ

人生設計やライフイベント、マネーリテラシーについて考えます

soratika

こんにちは。

とっても残念なお知らせです。。。
陸マイラーの黄金ルートがつぶされていた!!!
なのです。。。

というのも「ANA To Me CARD PASMO JCB(ソラチカカード)」へとポイント移行できる交換率のいいルートがなくなっちゃったのです。(泣)

まーそれは仕方ないとして。

最近は株式投資に興味が出てきました。このブログをよく見てます。

ゆう×米国株投資×ライフプラン

こんばんは(・∀・)

今日は日本円を外貨に両替する際に、お得な方法をご紹介します。
(といっても基本的な事ですけど)

方法としては、
1.銀行や両替所で両替
2.トラベラーズチェック購入
3.銀行キャッシュカードで預金を引き出す
4.クレジットカードでキャッシングする
のような物があります。

結論から言うとクレジットカードでキャッシングして帰国したら返済するのが一番お得です(´▽`)
どの位かというと、他の方法と比べて手数料が、半分~四分の一ほどです。
この方法は多数の方が紹介されていますので、詳しく紹介されているサイトをご覧下さい('▽'*)
(書くのが面倒なのはナイショw)

全くお付き合いありませんが、説明が分かりやすいサイト様を見かけましたので、勝手ながら掲載させて頂きます(-人-)
http://www.hitotabi.com/

ちなみに、何かの理由で海外行ったは良いもののキャッシング出来ない!なんて困らないように、両替手段は他にも用意しておいた方が得策ですね。
ボクは海外キャッシング枠付のクレジットカード2枚と、銀行キャッシュカード1枚を携帯しています。

ぽちっとしてくれると喜びます<(_ _)>
人気ブログランキングへ

今回は、先日少し触れた「ANA To Me CARD PASMO JCB(ソラチカカード)」についてお話したいと思います(・∀・)
ANA To Me CARD PASMO JCB(ソラチカカード)
http://www.jcb.co.jp/ordercard/teikei/ana_tome_tk2.html

ボクは都営地下鉄線なので残念ながら十分にカードの良さを引き出せないのですが、
・東京メトロを利用される方
・ANAマイルを貯めたい方
には、とってもオススメです.。゚+.(・∀・)゚+.゚

では、大きな魅力のポイントをご説明しましょう!

①ANAマイルが貯まりやすい
ANAマイレージカードの機能を備えていますので、ANA提携企業のサービス利用時に、プラスで100円につき1マイル貯まったりします。
ANAカードなら、まぁこれは当たり前ですねw

②維持費が安い
年会費2100円(初年度無料)、ANAマイル移行手数料2100円なので、合わせて4200円です。
他のカードだとANAマイル移行手数料は6000円位かかったりしますのでお安いです。
ショッピングでカード払いをすると、①とは別にJCBのOkiDokiポイントが1000円に1ポイント貯まります。
ANAマイル移行サービスに加入していると、OkiDokiポイント1=ANAマイル10の割合で、マイルに移行できちゃいます(´∀`*)

③PASMOオートチャージでOkiDokiポイントゲッツ!
東京メトロを利用される方であれば、このカードでPASMOオートチャージを利用できます。
改札入場時に残高が3000円を切っていると、勝手にクレジット払いで3000円チャージしてくれるといった物です。
チャージ金額は10000円までで自由に設定できますので、詳しくはホームページで見てみましょう!
このオートチャージした金額にもOkiDokiポイントが付きますので、とってもお得!

④東京メトロポイントすごい(・∀・)
東京メトロの乗車や、メトロポイントPlus加盟店の支払に、このPASMOを使うと東京メトロポイントが貯まります。
もちろん、③でOkiDokiポイントも貰えてるのでポイント二重取りですね!

さて、ここが見どころですよ~
実は、東京メトロポイント1000=ANAマイル900のレートで移行できちゃうんです( ̄ー ̄)ニヤリッ
他のクレジットカードでは、東京メトロポイント1000=ANAマイル600のレートなので超お得です!!

⑤ということは・・・
今、ポイント交換って流行ってますよね。それを組み合わせるとプチ黄金ルートができちゃいます!
ボクがオススメなのは、ネットマイル→東京メトロポイント→ANAマイルの移行ルートです.。゚+.(・∀・)゚+.゚
では、5000円分のネットマイルを移行すると、どうなるか見てみましょう。
ネットマイル10000(5000円分)
→東京メトロポイント5000
 →ANAマイル4000

あら不思議w(*゚o゚*)w
通常だとANAマイル4000も入手するのに、どれだけ高い航空券を買わないといけないか・・・。
確かボクが70000円位の安い航空券でシンガポール行った時はANAマイル2500位だったと思います。
これを考えると、破格の値段でANAマイルをゲッツできることが分かるでしょう!

この⑤の黄金ルートだけで、カードを持つ価値が十二分にあると思います(●´ω`●)
ただし!!このような破格のルートは問題視されて無くなってしまう事が多いので、今のうちに恩恵に預かりましょうw

あと勘違いしないように言っておきますけど、皆さんがこのクレジットカードに申し込みしても、ボクにはな~んにも良い事ありませんw
ボクのオススメしているのは全部、純粋にオススメしているだけであって、全く宣伝目的なんてありませんのでお間違いなきよう!

宜しかったらポチッと押して下さいφ(.. )
人気ブログランキングへ

クレジットカードや各種ローンには審査があります。
その審査で利用されるのが「信用情報」という物です。
この信用情報は、各企業から指定信用情報機関に集約されているのです。

現在、以下の信用情報機関は3つあります。
CIC:CREDIT INFORMATION CENTER
JICC:日本信用情報機構
KSC:全国銀行個人信用情報センター

その中でも今回はCICについて、お話したいと思います(・∀・)
多くの企業がCICに加盟していますが、銀行系や流通系の企業はほとんど加盟していると思います。
どの企業が加盟しているのかは、CICのホームページを見ると分かります。
CIC:http://www.cic.co.jp/index.html

また、信用情報は個人情報になりますので、本人の同意なくして勝手に見ることはできません!
カードやローンを申し込む際に、長ったらしい規約とかの中に、必ずどこそこの信用情報機関に加盟していて、そこの情報を見させて貰いますよ~と記載されていますので、そちらでも分かりますね。

つまり、カードを作ろう!と申し込むと、カード会社は加盟している信用情報機関に、あなたの信用情報を問い合わせて支払能力を査定する訳ですね。

では、CICに加盟している会社のクレジットカードを作ろうとした時の流れを、お話しましょう。

現在は多くの企業でシステム化されている為、WEBから申し込みした途端にシステムによって信用情報が問い合わせされます。
この問い合わせの際に、カード会社は問い合わせましたよ~という情報をCICに登録します。★1
そして、申し込み者の氏名・住所・電話番号から、今までの支払履歴や遅延履歴やローン残債額などの信用情報を入手します。
また、CICと提携しているJICCとKSCと連携する信用情報(CRIN)も入手します。

この加盟企業からの問い合わせでは、様々なキー情報から類似検索できるようです。
例えば、氏名・住所・電話番号・運転免許番号はもちろんのこと、電話番号が一致している似た同性の人や、住所が一致していて電話番号が違う人などなど。

そして、申し込み者の属性(年齢・性別・勤務先・年収・勤続年数・居住年数・扶養家族など)から、スコアリングされて機械判定されるのが一般的なようです。
このスコアリング機械判定の後に、更に人の目によって人的査定をする会社もあり、審査を通過する難易度が更に上がります。
あと★1の所で問い合わせ情報が登録されていますが、この情報は半年間CICに残ります。
そして、この情報が4件以上あると、スコアが大きく落ちると言われています。

こうなってくると自分のスコアが気になりませんか??(・∀・)
簡単にスコアリングできるサイトもあるので試してみては如何でしょうか!
マイスコア:http://www.myscore.jp/

さて、ところで自分の信用情報ってどうなってるの?という事も気になりますよね。
信用情報機関では、本人開示というサービスをやっていて、本人であれば自分の信用情報を教えて貰えます。
CICでは、窓口・郵送・ネットの開示方法があります。
どれも1回500円~1000円程度なので、気になる人はやってみましょう!
特にネットならクレジット決済で簡単に出来ますのでオススメです(´▽`)

しかし本人開示をする時に気をつけなくてはいけない事があります。
それは、加入企業と違って本人開示の場合には、類似検索ではなく完全一致検索だという事です。
例えばCICなら、昔作ったクレジットカードなら、そのカードの申込書に記入した電話番号が必要です。
なので、申し込みに使用した可能性のある電話番号は全て書きましょう=*^-^*=

さて今日は楽天カードについてお話します。

楽天プレミアムカードと言えば、何といってもプライオリティパス(以下PP)の無料付帯です(・∀・)
これは300以上の都市、100以上の国や地域で600ヵ所以上の空港ラウンジを利用できるサービスです。
多くのクレジットカードに付帯しているのは、ネットカフェのようなラウンジの利用権なので、はっきり言って行く気がしませんが、PPでは場所によってはビジネスクラスのラウンジを利用できる事が大きな魅力です。
しかも年会費399ドルのプレステージ会員権が無料で貰える訳ですから、クレジットカード年会費10500円なので超お得です.。゚+.(・∀・)゚+.゚
来年はスタンダード・プラス会員に格下げするような話も聞きますが、それでも全然お得だと思います。

楽天プレミアムカード
http://card.rakuten.co.jp/premium/

プライオリティ・パス社
http://www.prioritypass.jp/JP/index.cfm
 スタンダード会員(年会費99ドル)
 スタンダード・プラス会員(年会費249ドル)
 プレステージ会員(年会費 399ドル)

あとは国内・海外ともに障害保険5000万円が自動付帯される事も大きな魅力ですね!
これなら空港で保険に加入しなくても良いので、PPも併せて考えれば年1回の海外旅行で元とれちゃいそうです
(´∀`)

券面に楽天ロゴが入っていてダサいので、ボクはクレジットカードとして外ではあまり使いません('д` ;)
それにプチ陸マイラーなので、大抵はANAカードを使っています。
ボクにとっては、PPと保険だけで十分持っている価値のあるカードですね。
ただ、PPは世界的なサービスなので、日本国内では数ヵ所しか利用できるラウンジがないので、国内旅行ではほとんど使えません・・・。
仕方ないと言えば仕方ありませんが、もっと日本国内のラウンジを拡充して貰いたいものです。

皆さんPASMOのオートチャージ機能は知っていますか?
改札でタッチするだけで、紐付いているクレジットカードから自動的にPASMOへチャージされると同時に、ポイントが貯まる優れものです(・∀・)

ボクはこれを知って、早速ANA To Me CARD PASMO JCB(ソラチカカード)を入手しました。
これはオートチャージの際に、東京メトロポイントとJCBポイントが発生して、ポイントの二重取りが出来る素晴らしいカードです!

と思っていたのですが、罠にはまりましたw
東京メトロを始めとする一部鉄道会社でしか効力を発揮せず、ボクの利用する都営地下鉄線は対応していません。
都営地下鉄もオートチャージサービスをやっているのですが、なんと都営地下鉄が独自に指定するクレジットカードでしか、オートチャージできないのです!!
しかも指定クレジットカードにはANAカードが入っておらず、マイル貯められないじゃないですか・・・。
という事は、えぇそうです。ソラチカカードは全くいらない子ですw

どうやら東京メトロ系と都営地下鉄系で、くっきり分かれているようで、まるでお互いが対立しているかのようです。
都営地下鉄の駅員さんに聞いてみたところ、都営地下鉄ではオートチャージサービスは数年前に終了したと言われました。「そんなはずはない!ホームページに案内載っています」と食い下がり、駅長さんに確認して貰うと、奥からパンフを持ってくる始末。
サービス提供側も把握していない程に複雑怪奇な仕組みという事ですね。
PASMOならPASMOで全部提携して欲しいものですヽ(#`Д´)ノ

ボクの良く使う激安家電ショップですv( ̄∇ ̄)v
ボクが使いやすいようにリンク貼っとこw

皆さんはクレジットカードは何をお持ちですか??(・∀・)

単純にポイント還元でお得といえば、漢方スタイルカードやリーダーズカードが最高峰でしょう。
ボクのオススメとしては楽天プレミアムカードです!!

オススメポイントとしては、
・海外国内旅行の保険が自動付帯で5000万円
・プライオリティパス(別途申し込み)
に尽きます!

これだけあれば海外行くのにも保険に入る必要がありませんし、
プライオリティパスまでついて年会費1万円程度というのであれば、
お得感丸出しといっても過言ではありませんw(* ̄∇ ̄*)
あんまり皆が入手してラウンジが混んでも困りますけどw

これから色々クレカの紹介や、個人信用情報の仕組み等について語っていきたいと思います!